FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燦糺(西麻布) 

西麻布の燦糺ってお店です★そこそこ美味しいしなんだか値段も良心的な気がしました。
女性だけで来てるグループも少なくないみたいですし私は女5人でがっつり食べましたよー!
リピ決定です★
(肉食女子さん/2012.2)
スポンサーサイト

龍叶苑(六本木) 

東京焼肉ものがたり 龍叶苑

龍叶苑に行ってきました。店は小さくて掘りごたつのアットホームな店内でした。店長さんらしき方におまかせしたところ、特選ハラミ『おび』は厚く肉汁たっぷりの今までに出会ったことのない旨さでした。次に『ハネシタ』を専用のたれで焼き、だし卵に付けて食べるんですが、非常に美味しくて口の中でとろけます。『厳選塩ロース』は山葵と塩昆布、『いちぼ』はバジルバターで食べるのですが非常に美味しい!メニューに載せてないメニューも出してもらい大満足でした。『ひれミミ』『カイノミ』そして最後に『シャトーブリアン』2cmはある最高級なお肉でした。一人でお腹いっぱいに食べたくなるお肉でした。そしてこのお肉はすべて一人一切れずつ出してくれました。値段は決して安くないですが大満足でした。
(たけしさん/2008.12)



龍叶苑は六本木エリアで朝まで営業してる店の中では割とまともなので
東海亭や十々などと共にたまに利用してます。
正肉は肉質はいまひとつですがタレの味付けが濃い目でご飯とは非常に合います。
ユッケと厚切りタン、究極のホルモンはオーダー必須。
逆にお店のオススメであるイチボのバジルバター焼きはお肉とバターが全く合ってないです。
バターと相性がいいのは和牛の中だと短角和種か褐毛和種だと個人的には思います。
店長の方は親切でとても対応がいいので好みと予算言っておまかせするのもいいと思います。
(たんたかたんさん/2008.12)

ジャンボ(白金) 

ジャンボの白金店に行ってまいりました。
メニューを見て「種類少ないな」と思ったのですが、
店員を少しつつくと、裏メニューの名前がするっと出てきました。
よるしゅさん絶賛のざぶとん、ロース、
ホルモン、カルビスープを頼んできましたが、
ざぶとん、ロースは圧巻といった感じでしたが、
ホルモンに関しては、あまり脂を乗せていないタイプ。
お値段に関しては、土地柄もあるのでしょうか、
篠崎店に比べ、200~300円増しといった感じです。
(JUSOさん/2006.4)



私も先日白金店に行ってきました。
店はエントランス入った所にソファーがありプロジェクターで映画を流してます。
レバー刺1,200円(税抜き)、牛刺1,200円、ロース1,200円、シンシン2,000円、カイノミ2,500円
トモ三角2,800円、ザブトン3,200円、テグタンスープ900円、石焼ビビンバ1,200円、カレー1,200円
タン塩、ハラミは品切れ。。
当日、他に裏モノであったのは、ランボソ、ミスジ、ランプロース、サーロインでした。
サーロインもたのもうと思って値段をチェックしてたので4,000円だったと思います。
すいません、他は覚えきれませんでした。。
レバ刺は臭さもなくおいしかったです。
牛刺は普通でたのまなくてもよかったかなと?
ロースは差しも充分で赤身の旨みもありおいしかった。
シンシンはさっぱりしてておいしかったです。
薄いので焼きすぎるとくっついてしまうので焼きシャブのように1秒くらい炙るのがいいですね。
カイノミは見た目よりはあっさり。
トモサンカクは赤身でありながらジューシーでおいしかった。
3秒炙るくらいがよかったです。
サンカクカルビもおいしいのですが、これはあえてオーダーするほどでもと?
ザブトンは文句なしにうまかったです♪
テグタンスープはちょっと甘い感じで、石焼ビビンバ、カレーは普通でしょうか。
キムチは辛くてうまいですね!
個人的には裏モノではザブトン>トモサンカク>シンシン>カイノミ>サンカクカルビでした。
たれは甘めで味付けが濃いですね。
こちらから言わないと聞かれる事もなく全部たれで出てきます。
当店はたれに自信があるのでと言われたので、あえて全部たれでいただきましたが。
価格は本店より2~3割高いですね。
白金店はサービス料10%かかります。
少し飲んで2人で3万円くらいでした。
普通のでもおいしいのに裏モノを主にたのんでしまったので少し高くつきましたね。
何をたのんでもおいしいし雰囲気も良いので年に数回は行きたい店のひとつになりました。
混んでるので要予約ですね。
肉の予約はできないそうです。(マツさん/2006.4)



先日行ってまいりました。どの肉も最高。
店員さんが非常に親切で
「初心者です」と言うと何でも丁寧に教えてくれました。
「安くておいしくてお勧めはなんですか?」
との問いにも嫌な顔せずに答えてくれました。
ふつうのカルビ(1260円)でも生で食べれる事にビックリ。
オムライスを頼みましたがこれも秀逸でしたがちょっと胃にもたれました。ほんとはハンバーグを頼みたかったのですが日替わりでオムしかないとの事で残念でした。
先週TVでこの店の常連になると「らーめん」が出ると言っていました。是非食してみたいです。
あと驚いたのが店員さんの数。多い!
でも常に満席で網もすぐ取り替えてくれるしオーダーもガンガンくるだろうし大勢で回さないといけないんでしょうね。
会計の時ヒヤヒヤでしたが予想していた料金。
もう少しお値段が安ければ・・・でもそれは贅沢ですね。
また行きます。 (ojさん/2006.11)



このWebで横綱にランクされている篠崎ジャンボ。
昔篠崎の店に行ったときは、結構感動ものだったのですが、如何せん遠い。
白金に出来たと聞いて先日行ったのですが、正直?????
肉は軟らかいばかりで滋味に欠ける。
これは個人的な趣味なのですが、多少堅めの、歯触りのある肉質で歯が
通るとジワッと濃い肉の味がしみ通るようなお肉が好きなのです。
その様な意味では「和田金」が一番。
口の中で溶けるようにバラバラになる和牛より輸入牛肉の方が、どちらかと言うと趣味です。
(SSさん/2007.2)



先日ジャンボ白金に初訪したので感想を書きこませていただきます、まずお店の印象としては個性的な高級店という感じで、篠崎とは違い裏も黒板に書かれていて何があるか一目瞭然なのであのいかにも「裏」と言う感じのもったいぶりがなく少々面白みに欠けます。
そしていざ肉が来てみると・・・・・・・・あれ、小さい・・・・
この日は裏でミスジ・とも三角、ざぶとんを頼みましたが、ジャンボ特有の薄切り大判で肉汁じわ~
からは程遠いい肉がでてきました、また、質もあまり良くないようで香り・甘み共にジャンボの濃いタレに殺されてしまって、かつ食感も筋張ったもので大変残念な思いをしました。
今回は篠崎より予約がとりやすく、かつ近かったので白金に行ってみましたがまさかこれほど残念な結果に終わるとは思っていませんでした、篠崎と同じレベルで提供されていたのはロースだけで、むしろ裏より余程おいしかったくらいです。
やはり場所柄もあってか、そこそこお金を持っていてそこそこグルメで、微妙に小金持ち心をくすぐるようなそこそこ値の張るそこそこの肉を食べられれば満足という客層をターゲットにしているということなのかなという印象を持ちました。
もちろんブレの可能性もありますが肉のカットに関してはあれが普通なのでしょうから、篠崎と全く同じクオリティというわけにはいかないようです、次回は篠崎にリベンジかけたいと思います。
(pentagonさん/2008.2)



白金ジャンボは直営ではなく暖簾分けで経営者も完全に別みたいです。
肉の仕入れは同じでタレも本店から仕入れてるらしいので
本店と同じものを提供できるハズなのですが本店ほどの感動が無いのは完全にカッティングとかモミ込みの技術の違いだと思います。
わたしも両店を何度か同じ日に食べ比べしてみたりしましたがpentagonさんのおっしゃる通りブレとかそういう問題では無く
篠崎と白金は別物と考えた方がいいと思います。
本店の味に慣れてる方はがっかりだと思いますが個人的には普通に美味しいお店だとは思います。
(たんたかたんさん/2008.2)

金竜山(白金) 

東京焼肉ものがたり 金竜山

以前金竜山のミノ刺しを絶賛してた者ですが
昨日行ったらイマイチでしたので前言を撤回させてください。
昨日は薄くペラペラの部分で味付けも薄すぎました。
前回は食感、味付けともに文句のつけようがなかったんですけどね。
焼きのミノ(塩)も頼んだのですがこちらは肉厚で食感は最高。
ただし味が薄すぎてそこが残念でした。
まぁ金竜山は正肉は安定してるのでついでに頼んで
美味しければラッキー程度に考えてください。
(たんたかたんさん/2007.11)

薩摩牛の蔵(広尾) 8件 

◇東京焼肉ものがたり◇ 薩摩牛の蔵


今日は我が家にとってEUREKAだったお店を紹介させてください。
以前お薦めした「薩摩の久保」@関西と同じように薩摩牛を専門に出す「牛の蔵」です。広尾の日赤通りという不便な場所にありますが、足を伸ばす価値は充分でした。
正肉(「牛の蔵盛り」)ホルモン(「六臓盛り」)共に素晴らしく、またサイドメニューでしたら白菜キムチと濃厚なテールスープがお薦めです。
鹿児島の肉の卸業者が「鹿児島の黒毛和牛の美味しさを知ってほしい」と始められたとのことで、店員さんの中には東京に転勤してきた方々もいるそうです。そのためホスピタリティーも素晴らしく肉への愛情が感じられましたし、全席が落ち着いた和風個室になっておりサービスとあいまってとても寛いでお肉を堪能できました。
決してお安いとは言えませんが、肉質を考えるとCPも良いと思います。是非一度いらして前述の「盛り」を試してみてください。
(Mrs.beanさん/2006.8)



こんばんは、早速牛の蔵へ訪問させていただきましたので勝手評価させていただきます!
◆牛の蔵盛り
・極上カルビ○(カルビの「これぞ焼肉の王様」感が欠けていた気が・・・)
・極上ロース○(サシがびっしりながら全く脂っこくない、が香りが弱かったようです)
・極上ハラミ△(サシが入りすぎていてハラミというよりカルビな感じがしました、野性味が・・・)
・サイコロステーキ◎(サイコロ状のサーロイン、やわらかで最高でした!わがままを言えば醤油が欲しかった・・・)
・炙りしゃぶしゃぶ◎(赤身の旨みがしっかり、生食のほうが美味しいかもです)
・上ミノ○(ブロックによって当たりハズレが大きいようです、脂がキレイにサンドされた部分は◎)
◆六臓盛り
・ハツ○(もう少し噛み応えが欲しいところ)
・ツラミ◎(肉の旨みが濃縮されていて美味しいです)
・ホルモン○(歯ごたえもしっかり残っていて美味しいです)
・上ミノ○
・センマイ○(今回はタレでしたが塩味なら◎というところ)
・レバー△(臭みが・・・)
◆上タン塩◎(若干厚さに不満は残るものの十分な美味しさ)
◆レバ刺し☆(濃厚さではトップクラス!いつまでも口に旨みが残って最高!)
といった具合でした、残念ながら正肉に関してはよるしゅさんほどの高評価には至りませんでした、おそらく極上より上くらいのほうが逆に旨みを味わえて良かったのでしょうね。
肉の印象的には牛蔵を彷彿させるイメージでした、ようは全体的に、私の舌が旨みを感じるほど肉にサイズがないのでは無いでしょうかね、つまりは私がバカ舌!??
そのあたりはやはり厚切りか大判でないとなかなか難しいところでしょうか。
店内はちょっとおしゃれな居酒屋と言う感じで接客も気持ち良かったのですが席数が多いためか接客のキャパを超えていたようで料理が出るのが非常に時間がかかったり、ピンポンを押しても全く注文を取りに来ないような状態が目に付きました。
とはいえ正肉からホルモンまで均一のレベルで出しているところなどは素晴らしい店だなと思いました。
個人的には味8+ CP8 総合8という評価となりました。
ステーキの種類が多いので次回訪問時にはステーキ系で攻めてみるのも良いかもですね!(ペンタゴンさん/2006.8)



広尾の牛の蔵に行きました。感想としては本当にテールスープがおいしかったです。そしてレバ刺しが絶品で普段食べない連れも、これなら食べれる。と喜んでました。(ただ、基本的にレバーは生姜醤油の方が好きなのですが)。六臓盛も大変おいしく(焼きレバーは少々臭いあったのが難)、そしてロースの美味しい事。口の中でひと時の存在感を放った後ゆっくり消えていく・・・絶品でした。店員も若いのに非常に気持ちのよい接客しており感心しました。こんな店を紹介して頂き有難うございました。(もすさん/2006.9)



牛の蔵ですが、2人で15700円も取られちゃいました・・・
何がそんなよるしゅさんと違うのかとレシートを見ると
大根サラダ、ハツ刺し、六蔵盛り、アイス2つ、冷麺、焼きにんにくなどが違いました。
評価としては

キムチ10
サラダ9
正肉9
内臓系10
テールスープ10
冷麺12+
接客15+

キムチは大塚・山水園には負けるものの高レベルです。
薩摩盛り、カルビは確かに脂身が多い割りにくどくないのですが
しかし赤身部分がいくらなんでも少なすぎました。
ちょっと好きなタイプのカルビではありません。
それでも決して悪くはないのですが、他店があまりにも私好みのレベルの高さですので9に。
しかしホルモンは確かに最高。お連れの方がベストに推すのも納得です。
ギャラなんかも頼んでみたかったですね。
テールスープもゆうじ以上の納得の一品ですが
冷麺がそれ以上の超弩級でした。最高です。
アイスもよくあるおざなりな一品ではなく美味。
シメのお茶と黒糖も泣かせる。
何より、美味い店にありがちな驕った接客など微塵もない心配り。
美味い焼肉店は「お客様第一」なんて店員から全く感じさせないところが多いですがここは立派。
「くにもと」や「牛蔵」以上です。
肉の味が一層深くなりますね、こういう店は。
総合評価は再訪時に、牛の蔵盛りなどでワンランク上のカルビを食べてからにしたいと思います。
しかし正肉・ホルモン両方がバランスよくここまで高レベルなのは稀ですね。(西 一さん/2006.9)



ちなみに私もペンタゴンさんに近い評価で味8CP8総合8でした。確か
に初撃のステーキにはやられますが。(ぱぱすさん/2006.9)



ここのサイトのお勧めに従って行ってまいりました。
牛の蔵盛りやみすじステーキの上に単品の注文も結構してしまったので
二人で約2万と結構な金額になってしまいましたがそれに見合った
リターンは間違いなく得られる店だと思います。
ただ、あまり誉めすぎても芸がないので敢えて不満(というか自分の注文に
問題があるのでしょうがw)な点を。
ステーキに関しては上品な脂の甘みがあるうえに厚切りのため適度な歯ごたえ
と肉の味が楽しめて文句なし。
ただ、ステーキと比べると牛の蔵盛りの極上肉三種はサシが上質なわりに肉の厚さがそれに比して薄いため数枚食べると脂の味ばかりで肉を食べているという満足感に欠けるものがありました。
そこから舌を変える意味で注文したえんがわカルビ、ゲタカルビ、あっさりカルビの方が味の系統として皿ごとに明確に違いが感じられただけに、どうせ
盛り合わせにするのであればサイコロステーキと上ミノの他にもう一品は切り方か肉質で触感を変えてほしかったなあというのが不満です。
ただ、前述したえんがわカルビ、ゲタカルビ、あっさりカルビはいずれも
カルビとしての味がしっかり出ている上にプラスαがあったのが感心させ
られました。
自分の好みからするとステーキと極上系のおすすめ肉を一皿ずつ頼んだ上で
カルビ3種と内臓系で構成するのがバランスよく楽しめる選択っぽいですね。
しかし個々の味で外れと感じたものは一つもなく(組合せは自業自得なんで)
注文時の対応から店を出る際のお見送りまでサービスがきっちりと行き届いて
いて是非次も通いたいと心から思わされるお店だと自信を持って答えられます。
これでまた自分の中の焼肉基準が上がってしまうのが怖いですね(苦笑)
(KENさん/2006.10)



ここのサイトで牛の蔵を拝見して早速行って来ました。
タンステーキ、薩摩盛り、オイキムチ、テールスープ、ツラミと最後に杏仁豆腐を頼みました。 
タンステーキはタンの厚みと食感で感動もの。
薩摩盛りは上カルビがちょっと私には脂っこかったんですがどれも絶品。あと連れがホルモンが食べられないということで盛りの白ホルモンを他のものに変更できますか?と聞いてみると快くいいですよとのことであっさりカルビに変更していただきました。
そしてツラミ!最高でした。
ちょっと歯ごたえがありうまく文章では書けないのですが・・・自分の中で一番好きなお肉がツラミになってしまった程です。
スープも評判どうり旨かったのですがオイキムチがしそやしょうが?だと思うんですけど効いてて旨かった。
杏仁豆腐もトロトロで食後にはちょうどいい甘さでよかったです。
気持ちよく元気のいい接客のお肉の味また行きたくなりました。
このサイトで牛の蔵を知ることができてよかったです。
(野武士さん/2006.10)



今回は牛の蔵に再訪しましたので勝手レポさせていただきますね!
△上タン塩(今回は旨み、甘み共に感じられず)
○ミスジステーキ(やはり香りが弱い感が否めず)
○上ロース(上に同じく)
☆えんがわカルビ(どことなくジャンクな味付けながらご飯との相性は最高!)
○六臓盛り(上ミノ◎、白ホルモン○、ツラミ○、レバー◎、ハツ○、センマイ○)
☆レバ刺し(やはりこれは最強!噛めば噛むほど甘みが出る)
○テールスープ(思っていたよりあっさり)
☆ごはん(米にここまでこだわっている店はなかなかないのでは?タレと肉汁だけでもかなりいけそうですね!)
といった感じです、レバ刺しとご飯の美味しさは最強ですがやはり肉に関してはジャンボやらぼぅふのようにこうガツンとくるものを感じられないかなと言う印象が拭い去れませんでした。
今回の個人評価は味8+CP7総合8+と行ったあたりです。
(ペンタゴンさん/2006.10)



今日は、「薩摩 牛の蔵」に行ってまいりました。
・牛の蔵盛り
・六臓盛り
・レバ刺し
をいただいてきました。
私は、この中で特に、サーロインとハツがおいしかったです。
(MASAさん/2007.8)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。