FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今久(千葉・干潟) 

ぜったい旭市の今久には行って欲しいです。
(ぴこたんさん/2007.7)



千葉の銚子近くにある「今久」というお店なのですが、かなり有名なのですでにご存知かもですね。いかがですか??
自分もこの店はかなり好きで数回行っているんですが、カルビの美味さはハンパじゃないです。
都心からの距離を忘れさせる、いや、道中を楽しくさせてしまうくらい美味いです!!
(akixさん/2010.2)



今久、私も先日たまたま近くに行くことがあったので立ち寄ってみました。
先に総評してしまうと、肉質は抜群に良いのにタレが市販レベル・・・
実に損をしているなぁという印象です。
今回は焼肉としての評価は迷うところがあるので、肉質に関してだけコメントさせていただきます。
◆サーロイン:200g以上ありそうな巨大な一枚肉!見た目のサシほ ど脂のしつこさが無く、程よいサーロインの香り・赤肉部分の旨みが ある、¥3000弱という値段にビックリ!
◆テンダー:サーロインに負けじとこちらも150gはあろうかという巨大なヒレ、サシも程よく入っていて、こちらもとても¥2500とは思えないボリューム、ただ、赤身の柔らかさはさほど感じられない。
◆並ロース:肉部分と脂部分が完全に分離したロース、脂部分はとても食べられるシロモノではないかと・・・赤身部分はしっかり旨味が感 じられる。
◆並カルビ:赤身のカルビ、赤肉の旨味の中に脂の甘みがほどよく混じる
◆タン:冷凍ではあるが¥800程度の値段にしては十分上等
◆ハラミ:味噌ダレで食べればそれなりに美味しくいただけそう。
といった感じです、とにかく味付けが残念で仕方有りません、あのサーロインやテンダーをジャンボやくにもとのタレで味付けしていれば、CPを考えれば超一流の焼肉店になれるのに。。。
今回の行脚では、やはり焼肉も「料理」なのだということを再認識できました、正肉はお金を積めばいくらでも良いものを手に入れることはできるわけですから、結局のところある程度の範囲内でどこまで美味しく食べさせられるか?という部分を、こちらの番付上位に君臨している店などは追求しているのだろうなと感じました。
とはいえ家族連れで大繁盛している店内を見ると、美味しい肉を信じられないくらい安価で食べられるお店として、ひとつの形となっていると思いました。
また機会があれば伺ってみようと思います。
(pentagonさん/2010.7)



今久はA5の肉をぶった切って適当な味付けで出してるいう印象やな。
値段には感動するが味にはそこまで感動せぇへん。
まぁ大阪の一斗みたいなもんや。
(万世さん/2010.7)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simokita.blog36.fc2.com/tb.php/192-7d1ce0d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。